1. HOME
  2. Column
  3. 『世界一長い美術館』

『世界一長い美術館』

青い洞窟

 ストックホルムに到着し、ホテルに荷物を置いて「いざ観光」と思いながらT-Centralen駅(中央駅)のエスカレーターを降りると、そこには「青い洞窟」が出現!
 岩肌にブルーを基調とした花や葉の北欧らしいモチーフが一面に描かれていて、思わず写真を撮りたくなる様な、地下鉄とは思えないとても素敵な空間が広がっています。

 調べてみると、ストックホルム地下鉄は1950年開業、110駅のうち90駅が展示場となり、150人の芸術家が参加しているそうです。その最初の作品がT-Centralen。

 石灰質の岩盤をくりぬいて作られた駅が多く、天井や床にアート作品が描かれ、『世界一長い美術館』と称されています。

各駅が美術館

 2日目、あいにくの天気だったので地下鉄アートを巡る事に。
 ブルーラインに的を絞り、各駅下車でアート巡り。駅ごとに全然違う雰囲気で次はどんなアートなのかとワクワクします。

 しかも天気に左右されない観光名所は観光客にとってはとてもありがたい。 他の路線も見たかったのですが、時間が無くて行くことが出来なかったのが心残りで、次は地下鉄巡りを目的にストックホルムに行きたいと思うくらいでした。

 日本でもチームラボさんのような照明デザイン等で各駅で個性を出すことが出来れば、外国の方がそれを目的に観光に来てくれるようになるのではないかと思いました。

Written by f.k

関連記事

ライター一覧

松崎淳
スペクタクルクリエイター



山田貴之
スペースクリエイター



小森一秀
コミュニティクリエイター



倉方志磨
ネイチャークリエイター

おすすめ特集