1. HOME
  2. Column
  3. “地上10cmの世界”で、小さな春探し

“地上10cmの世界”で、小さな春探し

 落ち葉を掻きわけると、今年もいたいた、フキノトウ。

 スノードロップは、いつの間に、すっくと顔出して、控えめに咲いてる。

  日向の土手で一面黄色く染めているのは、陽ざしを浴びて、一斉に花開いたフクジュソウだ。

フクジュソウ

 立春を過ぎると、こんな、小さな春探しから、私の春は始まります。

 少しずつ足元の草花が動き始める今の季節から、落葉樹の葉が生い茂る前の5月頃にかけて、何といっても“地上10cmの世界”が面白い。

庭で楽しむ“地上10cmの世界”

 クリスマスローズ、オキナグサ、ハルザキシュウメイギク、イチリンソウ・・・。庭では、こんな草花が続きます。

 「春の妖精」とも表現される「スプリング・エフェメラル」や、これに分類されない種も、順々に花を咲かせ、目を楽しませてくれます。

 ※「スプリング・エフェメラル」(Spring Ephemeral):春先に花を咲かせ、夏以降は休眠に入る植物群の総称で、「春植物」とも呼ばれます。

 私の密かな楽しみ方は、芽吹きから見つけること。

 花の時期があまりにも短く儚いので、そろそろかな?と落ち葉や雪をかいて、「あ、いたいた」と、まだ小さい芽を見つけてはニンマリ。花はもちろん、実がなり、種が飛ぶまで、存分に楽しみつくします。

里山の林内で楽しむ“地上10cmの世界”

 全国的な傾向として、人の手が入らなくなった里山の林内では、常緑樹や下草が繁茂し、春先の明るい林床・林縁環境が少なくなり、なかなか春の妖精たちを見つけることが難しくなりました。

 だからこそ、思いがけず見つけたときは、まるで宝物を発見したかのようにうれしくなります。数はまばらでも、本来の自然の姿が見られるのは、貴重な体験だなと思います。

 さて、庭の延長のような裏山へ足をのばしてみると...、まだ足元の春探しには、少し早かったようです。

 その代わり、落ち葉にまぎれて見つけたのは、生き物のこんな痕跡たち。

 12月のコラムで扱って以来、やたら目に付くようになった「ウスタビガ」のまゆ “ヤマカマス”、同じヤママユガの仲間「クスサン」のまゆ “スカシダワラ”、金青緑色に輝くのは森林性の「アオクチブトカメムシ」(亡骸)。そして、これは年中見かける「シカの糞と足跡」。

 春らしい陽気の日が少しずつ増えてきました。足元の季節の移り変わりを見つけに、また野山へ出かけたいと思います。

 皆さんの身近な場所でも、“地上10cmの世界”で、春を告げる小さな妖精たち、探してみませんか。

Written by 倉方

関連記事

ライター一覧

松崎淳
スペクタクルクリエイター



山田貴之
スペースクリエイター



小森一秀
コミュニティクリエイター



倉方志磨
ネイチャークリエイター

おすすめ特集