1. HOME
  2. Column
  3. 建築という道 No.1

建築という道 No.1

心を動かされたのが、

都市の模型写真が載った大学のパンフレット


進路を迷っていた、というのか、何か心に響くものが無く悩んでいた時に
これしかないとようやく気付いた瞬間でした。

小さなころから、作るのが楽しかった。 図工はもちろん、裁縫や料理まで、作ることは何でも。 絵を描くのも得意だった。

そんな自分が進路を考えた時、建築に導かれるのは、 必然だったのでしょう。
都市の模型写真を見た時に、作りたい。勉強したい。
ただただそう思って、大学で建築学科に進むことにした。
建物を設計したい。という強い思いがあったわけでもなく、 建物の魅力に取りつかれたわけでもなく、 身内に建築に関係する人がいたわけでもなく。

もう一つ、
私の記憶に残っている衝撃の絵本。

ちいさいおうち』


思い返せば、私が出会った初めての建築だったと思う。 家や学校など、周りには沢山の建築は存在した。
しかし、この絵本に出てくる家は、 ちいさいながらも、建築を伝えてくれていた。 変わるものと変わらないものが共存し、 残るものが追い詰められていく街を表現していた。
それでも残る「おうち」から、強さを感じ、応援させる。
なぜ覚えているのかわからないが。 きっと悔しい気持ちが心に残り、忘れられない絵本になったのだろう。

関連記事

ライター一覧

松崎淳
スペクタクルクリエイター



山田貴之
スペースクリエイター



小森一秀
コミュニティクリエイター



倉方志磨
ネイチャークリエイター

おすすめ特集